FC2ブログ
プロフィール

管理人:オカルトン星人
怖い話とかあるんですよ…
ブログについて / RSS

アクセスランキング

リンク
メールフォーム

 名前:

 メール:
 件名:
 本文:

Amazon























月別アーカイブ
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- / スポンサー広告

あの人は今…

91 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/30(土) 00:16:08.64 ID:M9hjj4SGO
2002年の新聞記事
【県境越えた病院建設 広域行政 過疎地"安心の拠点"】
「とても不安でした。病院に間に合わないんじゃないかと…」。岐阜県白川村の主婦山本美加枝さん(37)が振り返る。
十五年前、真冬二月の深夜に産気づき、夫の車で同県高山市内の病院まで約二時間かけて走った。
「道がしみてて(凍っていて)滑って危なかった」。山本さんは病院に着いてすぐに分べん室に入り、無事女児を出産した。
「あのとき東海北陸自動車道があれば、病院も近くなり、道も安心で、あんなに焦らないで済んだのに…」。
“秘境”と呼ばれ、不便を強いられてきた村がいま、大きく変わろうとしている。

2004年の新聞記事
【高速事故 トラックと乗用車衝突、7人死亡 東海北陸道】
27日午前7時25分ごろ、岐阜県郡上市大和町の東海北陸自動車道の平山トンネル(1413メートル)の北側出入り口付近で、
対面通行区間の下り車線を走行していた普通トラックが対向車線に飛び出し、上り車線の乗用車と正面衝突、炎上した。
この事故で、乗用車に乗っていた一家5人とトラックの男性2人の計7人が死亡した。
同自動車道のぎふ大和IC―白鳥IC間(約10.4キロ)が午前7時40分から午後0時20分まで上下線とも通行止めとなった。
県警高速隊の調べでは死亡したのは、岐阜県白川村荻町、会社員、山本衛さん(48)▽妻美加枝さん(39)
▽長女麻理さん(16)=県立高山高2年▽長男隆司さん(14)=同村立白川中2年▽二男淳司さん(9)=同村立白川小3年――とみている。

▼解説▼
実話らしい、2002年にインタビューを受けた人が2年後の2004年の事故で亡くなっている…。
ご冥福をお祈りします…。
2010/01/31 / 普通に怖い話 / コメント(0)
Amazon
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
 
人気記事
最新コメント
  • じわ怖カーチャン - 名無したん (03/15)
  • どっちが好きなの - 通りすがり (03/13)
  • 消える死体 - ふゆ (02/17)
  • 家にいる妖怪 - 名無したん (02/14)
  • 家にいる妖怪 - 名無したん (02/08)
  • どっちが好きなの - オカルトン星人 (01/29)
  • どっちが好きなの - @ひとり@ (01/27)
  • らんらん♪(´・ω・`)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。