FC2ブログ
プロフィール

管理人:オカルトン星人
怖い話とかあるんですよ…
ブログについて / RSS

アクセスランキング

リンク
メールフォーム

 名前:

 メール:
 件名:
 本文:

Amazon























月別アーカイブ
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- / スポンサー広告

お母さん!

26 名前:以下、名無しにかわりましてVIPがお送りします[] 投稿日:2010/01/29(金) 21:47:59.24 ID:6c6zvx8YO
少年が小学校から帰宅。

「ただいま」

少年はランドセルを自室に置くと、リビングへ直行した。
台所では、トントントンと包丁を叩く音が響いていた。
少年は16:00~19:00までビデオゲームをしていた。
覚えている限り、少年は2度トイレへ行き、
ゲームの攻略法を聞きに、台所前の廊下(玄関から続く)にある
電話の子機を取りにリビングを離れた。
ちなみにゲームをしていた時刻は概算ではあるが、少年はほぼ間違いないと言っている。

「お母さん、今日の夕飯なに?」

少年はテレビに目を向けたまま、母親にたずねた。
母親は料理の準備をしているのか、返事もせず包丁で叩き続けていた。
少年は母親はあまり機嫌がよくないと思い、無視されても気にしなかった。
ゲームに飽きた少年はテレビ番組を見つつ、19:35あたりに風呂に入ろうとした。
風呂釜には水も張っておらず、文句を言おうとしたがやめたという。
風呂がわきテレビを見るのをやめ、20:00ほどに少年は風呂に入った。
風呂場で遊びながら、少年は空腹を感じたという。
風呂からあがって上半身裸のまま、少年は台所へ向かう。

「お母さん、晩ご飯まだ?」

少年はそのとき、初めて違和感に気づいたという。

「……おばさん、誰?」

▼解説▼
供述調書のような書き方が少し奇妙で怖い。
2010/01/31 / 普通に怖い話 / コメント(0)
Amazon
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
 
人気記事
最新コメント
  • じわ怖カーチャン - 名無したん (03/15)
  • どっちが好きなの - 通りすがり (03/13)
  • 消える死体 - ふゆ (02/17)
  • 家にいる妖怪 - 名無したん (02/14)
  • 家にいる妖怪 - 名無したん (02/08)
  • どっちが好きなの - オカルトン星人 (01/29)
  • どっちが好きなの - @ひとり@ (01/27)
  • らんらん♪(´・ω・`)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。