FC2ブログ
プロフィール

管理人:オカルトン星人
怖い話とかあるんですよ…
ブログについて / RSS

アクセスランキング

リンク
メールフォーム

 名前:

 メール:
 件名:
 本文:

Amazon























月別アーカイブ
ヘッドライン

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/-- / スポンサー広告

あたしいるよ

453 名前: 目打ち(アラバマ州)[] 投稿日:2010/01/13(水) 02:46:52.20 ID:4jmT4uym
俺が小学生の頃の話。

俺が住んでいた町に廃墟があった。
2階建てのアパートみたいな建物で、壁がコンクリートでできていた。
ガラスがほとんど割れていて、壁も汚れてボロボロだったから、
地元の人間でも、あまりこの場所に近づくことはなかったらしい。
ある日俺は、友人と肝試しをすることになって、この廃墟に行くことにした。
まだ昼ぐらいだったから、建物の2階まで上がって建物を探索した。
そしたら並んでいる扉のひとつに、文字が書いてあるものがあった。
友人と近づいて確認してみると、扉の前に
「わたしは このさきの へやに いるよ」
と書いてあった。
俺と友人は扉を開けて中に入り、先に進むことにした。
歩いて行くと分かれ道に突き当たって 、壁に
「わたしは ひだり に いるよ」
と書いてあった。
少し怖くなったけれど、俺と友人はそのまま左に進むことにした。
すると両側に部屋があるところに突き当たって、壁に
「あたまは ひだり からだは みぎ」
と書いてあった。
友人はこれを見た瞬間に、半狂乱になって逃げだした。
でも俺はその場所にとどまって、勇気を出して右の部屋に行くことにした。
部屋に入り進んでいくと、突き当たりの壁に
「わたしの からだは このしたにいるよ」
と書いてあった。下を見ると
「ひだりの へやから わたしの あたまが きてるよ うしろ みないでね」
俺は急いで、その部屋の窓から飛び降りて逃げた。
それからはもう、その場所には近づいていない。

▼解説▼
ただ読んでいるだけで状況を想像できて怖い、とにかく怖い。
2010/01/22 / 普通に怖い話 / コメント(0)
Amazon
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
コメント:
 
人気記事
最新コメント
  • じわ怖カーチャン - 名無したん (03/15)
  • どっちが好きなの - 通りすがり (03/13)
  • 消える死体 - ふゆ (02/17)
  • 家にいる妖怪 - 名無したん (02/14)
  • 家にいる妖怪 - 名無したん (02/08)
  • どっちが好きなの - オカルトン星人 (01/29)
  • どっちが好きなの - @ひとり@ (01/27)
  • らんらん♪(´・ω・`)
    上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。